2017/10/13

Transformer Act.2

関東変圧器材工業さんに注文していたトランスの材料が届きました。

2017/09/30

Transformer Act.1

変圧器 Transformer
について すこし 学んだ。

カットコアトランスで両脚にコイルを巻く場合
下図の通りになるはず。

極性記号(黒丸)が 「巻き始め」になるよう巻くの基本らしい。

参考文献

平地研究室
http://hirachi.cocolog-nifty.com/kh/files/20071118-1.pdf
http://hirachi.cocolog-nifty.com/kh/files/20131014-1.pdf

中林 歩さんの「電脳時代の真空管アンプ設計」
http://ayumi.cava.jp/audio/pctube/node22.html




2017/09/04

自転車9

以前、クロスバイクを譲り受けました。
LOUIS GARNEAU LGS-DW2

ハンドルの動きの不自然なのが気になり出しました。
前輪を小刻みにポンピングブレーキをすると
ステアリングコラムがカクカクします。

気合をいれて、分解してみました。
なんと上ワンのベアリングの球が無い。???

ヘッドパーツを交換することにしました。
参考にしたサイトです。

http://www1.synapse.ne.jp/s-hara/velo/gr3_frame.html

http://cyclo-rider.net/giant-escape-air-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E5%8C%96%E8%A8%98%E9%8C%B2/4344/

http://blog.goo.ne.jp/freyja_july/e/486dae904f6187b2e5fa7fee5c624b80

GIANT ESCAPE R3 と似通ったサイズだ。FSAの情報収集。
http://www.bikersbest.dk/resources/files/FSA%20HS%20katalog/Headsets-Poster2015.pdf




FSA NO.10AY らしい。
代替で
FSA NO.11AGY
BBB BHP-50
の2つの候補が上がり、
BBB BHP-50に決定。

自作ヘッドワン抜き
メッキ鋼管 25.4×1.2 L=100cm
を30cmに切断。
先端4箇所、5cm程切れ目を入れる。
ラジヲペンチで広くする。
金槌で「ガンガン」たたく。
下玉押し(クラウンレース)
は、カッター刃では、歯が立たなかった。
「のみ」で隙間を作り、マイナスドライバーでコジ広げた。


はずしたベアリングハウジングを測定。
FSA NO.10AYか、
その同等品と確信する。


BHP-36
BHP-50
BAP-02
Lixada プレスツール
下玉押し(クラウンレース)は、
切れ目有りなので「指」で挿入可能。
2017/09/07 追伸
LOUIS GARNEAU LGS-DW2
HEADPARTS
FSA NO.11AGY
BBB BHP-50

2017/08/14

自転車8

クローム・モリブデン鋼 略して「クロモリ」
(ラグ付きスチールフレーム)
のロードバイク
https://daikunomokichi.blogspot.jp/2016/10/2.html
https://daikunomokichi.blogspot.jp/2017/06/7.html
クランクは、DURA-ACE FC-7700 175 52-39。
スプロケは、CS-6500 9T 12-13-14-15-16-17-19-21-23T。
が付いていました。
貧脚の私には、苦しいギア比。
バイク整備の師匠であるご近所のTKさんに相談したら
CS-HG50 9S 12-27T の中古を持っているとのことで、
それを譲り受けることになりました。
(なおスプロケ交換作業はTKさんにお願いしました。)
写真で旧12-23Tと新12-27Tのスプロケを見比べると
その大きさに違いが有ります。

クロモリ
39==23  1.70
39==27  1.44

Scultura_700
36==21  1.71
36==23  1.57
36==25  1.44
36==28  1.29

ギア比を見ると1.70はキツいですね。

チェーンも交換しました。
DURA-ACE CN-7701から
CN-HG93 114LINK
接続は、付属のアンプルピンにしました。
新旧見比べると、1コマ以上の伸びにびっくりでした。

フロントとリアの各デイレイラの調整がなかなか旨くいかず、
ハンガに狂いがあると考え
ディレイラーハンガー直付けゲージも調達。
試行錯誤の結果、こんなもんかなと、ある程度の位置で妥協しました。